インフルエンザ 耳つぼ 自然療法


爆弾低気圧。数年に一度…と騒がれていますがあせる札幌は静かな1日でした。

しかし!!インフルエンザが流行ってきましたね(T_T)
子ども達の学校でも…何人か発症。

これは気をつけねば!!
まずは子ども達の耳をチェック!
今、調子が悪く免疫力が下がると感染するので…気になるところに貼ります。

やはり喘息次男は低気圧のせいで…軽くヒィーヒィーあせるなので風渓。角窩中。気管。

そしてちょっとお疲れの長女は…肝。

さらに、緑茶でうがいして~甘酒も一口づつ。部屋にいる時はティーツリーオイル焚いてます(≧∇≦)

しっかり食べて、しっかり睡眠。これが一番大切ですね!

そして…インフルエンザにかかったら~身体が戦ってくれているので、ゆっくり休む。
耳つぼだと…
まずは、肺、神門、三焦、耳尖
熱だと副腎、珠尖、
のどはなだと、外鼻、内鼻、咽喉、扁桃腺、気管。
写真の下の緑の丸の中の痛そうな場所に貼って下さいね!!
喘息の子は先ほどの写真の場所もチェック!

昨日も~息子さんがインフルエンザになった生徒さんが来てくれて…インフルエンザで耳つぼジュエリー貼り酷くならずに済んだ!!と教えてくれました(^o^)凄い!耳つぼ習った成果ですね。

「タミフルなどのお薬を使った場合はその後に~必ず肝臓チェックしてみて下さいね!お薬の副作用でゴリゴリになっている場合が多いです。」とお伝し~家に帰るとその通り!!だったと連絡がきました。

予防接種を打つ、打たない。
タミフルやリレンザを使う、使わない。
色々な考え方がえります。

これが本当!!と決まっているのではなく、一番大切なのは…その子どもに、その人に一番合った事をする事。

耳つぼも同じです。こうやって耳つぼの位置を載せると、ここに貼ったら治りますか?という方が多いです。
そのまま真似しても「治りません。」

身体がどういう状況かを見極め、今必要なのが何なのか。安静、食べ物、薬、病院、自然療法。色々対処方法はあります。

大切なのはどれを選ぶか。

そしていつも自分の、子どもの身体の様子をきちんと見極める。その為の耳つぼです。
これだけで治す!薬もお医者さんも悪だ!ということではありません。

耳つぼジュエリー体験したい方はこちらの予定をチェック!
ゆゆた工房12月予定

子どもの体調を知る為にも、自分の為にも耳つぼジュエリー家庭講座

講座日程はこちらから!

申し込みや質問は
耳つぼお問い合わせはこちらから!

メールでの問い合わせだと、届いてない場合もございます。3日以上お返事のない場合、または緊急の場合
09020523372に直接お電話下さい。
(教室中や作業中は電話に出れない事があります。ショートメールは24時間OKです。)

IMG_7619.JPG

IMG_7622.JPG

IMG_7618.JPG